【2021年日本民間放送連盟賞 最優秀受賞のことば(ラジオエンターテインメント)】 ニッポン放送 サンドウィッチマンのオールナイトニッポン

冨山 雄一
【2021年日本民間放送連盟賞 最優秀受賞のことば(ラジオエンターテインメント)】 ニッポン放送 サンドウィッチマンのオールナイトニッポン

2011年3月18日金曜日の深夜25時から放送した特番「サンドウィッチマンのオールナイトニッポン」。東日本大震災から1週間、ラジオでは緊急報道、ライフラインに関する情報が続きました。そうした中で彼らの地元・宮城県の東北放送でも、急きょこの特番の放送が決定。被災者に寄り添った言葉を届けるべきなのか、お笑いを届けるべきなのか迷った上で放送に臨んだ2人でした。

それから10年。東北魂を掲げて取り組んできたサンドウィッチマンが再び、オールナイトニッポンの特番をお送りしました。毎年3月11日に伺っている気仙沼から有楽町に戻ってきて、この10年に感じたことや今の想いをダイレクトに伝えました。番組は一夜限りでしたが、サンドウィッチマンの2人はこの10年、ニッポン放送で「サンドウィッチマンの東北魂」を担当し、東北各地の様子や東北で暮らす方々と電話をつなぎながら、明るく楽しく声を届けてきました。その積み重ねが、今回の2時間につながったと感じております。改めて2人に御礼申しあげます。
 
番組では2人が震災時にラジオで聴いたという、東北放送の藤沢智子アナウンサーにもお話を伺いました。藤沢さんが話した言葉が印象に残っています。「停電になると、無音で真っ暗な中で不安になる。そうした時に知ってる人の声が聴こえると、あの人も今一緒にいるんだと不安を和らげることができる。普段からリスナーと近い所で信頼関係を持てればと思います」。これからもオールナイトニッポンを通じて、全国のリスナーに寄り添っていきたいと思います。


・各部門の審査結果およびグランプリ候補番組はこちらから。
・番組部門(ラジオ報道番組)の審査講評はこちらから。

最新記事